昔から薬用として重宝されている

昔から薬用として重宝されている

昔から薬用として重宝されている 霊芝はキノコの一種で、煎じてエキスを抽出し、服用するための薬用キノコとして知られています。
その歴史はかなり古く2000年前に遡ります。
中国で使用されていましたが、当時は現代のように人工栽培の技術があったわけではないため、自然に生えている霊芝を探す必要がありました。
そのことから見つけられるのは非常に稀で、発見されると宮廷に献上されていたほどです。
以降も霊芝の希少価値の高さは変わらず、上流階級の間でのみ流通し使用されてきました。
実際に服用することで得られる効果はどのようなものなのかというと、実は200種類以上もの薬用効果があるとされています。
有効成分にはヌクレオチドやガノデリン酸、β-D-グルカン等が有名で、抗がん作用や血糖値の低下、免疫機能の向上などが挙げられます。
また、独特の苦みを含むことから、今では苦みを加えたい際の食品添加物として使用されることもあります。
副作用が少なく安全性が高い点も特徴です。

漢方としての霊芝

漢方としての霊芝 霊芝はマンネンタケと呼ばれるサルノコシカケ科のキノコで、古くから日本にも伝わる漢方薬として知られています。
霊芝には、大きく分けると二つの効果があります。

一つ目は免疫力の調整です。
感染症が重篤になる原因には、免疫力が落ちていることが考えられます。
霊芝に含まれるβ-Dグルカンが異物と戦う白血球であるマクロファージを刺激し、免疫力を高めることがわかってきました。
また逆に、自己免疫が過剰に働いて、ぜんそくやアトピーなどが強く出るアレルギー症状については緩和する効果があることも調べられています。

もう一つ血液を清浄にする事です。
霊芝の投与によって血中のコレステロール、中性脂肪が下がり、血行が促進され血圧の下降傾向があることが知られています。
このことから、肝臓での脂質の代謝を促成し、腸からの脂質の吸収を抑える働きがあると考えられています。

このように漢方薬としての効果はすばらしく、重い副作用も報告されていません。
しかし、降圧剤や血液をサラサラにする他の薬剤と併用する場合には医師と相談して慎重に服用することが望まれます。

新着情報

◎2019/2/12

ガンに対する効果が期待できる
の情報を更新しました。

◎2018/12/7

日本での栽培の歴史
の情報を更新しました。

◎2018/10/12

免疫力を上げてアレルギー改善
の情報を更新しました。

◎2018/7/5

食用の霊芝はあるの?
の情報を更新しました。

◎2018/5/8

昔から薬用として重宝されている
の情報を更新しました。

◎2018/4/2

サイト公開しました

「薬用 漢方」
に関連するツイート
Twitter

朝顔は元々薬用として日本にやってきました。今も漢方薬に使われています。 pic.twitter.com/vayGph3OLy

生薬は【】、漢方薬は≪≫で表記しています。 生薬は、動植物の薬用部位を乾燥など簡単に加工したもの。 漢方薬は、漢方医学の医学体系の中で用いられる薬で、複数の生薬を組み合わせたもの。 ちゃんと区別してくださいね?

Twitterくれすん@薬用植物・生薬bot@cressun_bot

返信 リツイート 10:00

EDに役立つ漢方薬 サンシチニンジン(田七人参) ウコギ科の薬用植物。性?,味甘微苦,入肝、胃、大腸經。田七の功用,原來可用「止血、散?、定痛」(中国版記載による) 止血作用と活血(血液循環の改善)作用という、一見相反する性質を併せ持つ。

カンゾウ:甘草 薬用部位:根・ストロン 薬効:鎮痛・鎮痙・去痰・消炎・鎮咳・抗潰瘍・風邪薬・健胃消化薬など 基原:Glycyrrhiza uralensis Fisher 漢方薬の7割には含まれている汎用生薬ね。弱いにおいがあって、読んで字のごとく、味は甘いわ。

Twitterテレーゼさんの薬学講座@thereze_ykgk

返信 リツイート 1:14

漢方バカとして大麻草に対してコメントだけど、恐らく薬用植物としての大麻草の価値はないです。もしあるなら中国、日本の漢方家が使っています。麻自体は1800年以上前から身近にあった植物です。中国でも日本にも

金沢大学の薬用植物園でシャクヤクを楽しんできました💓ちょうど一般開放していると知り行ってみました!一般開放は24日までだそうです😊薬用品種を中心に約2000株。シャクヤクの根は漢方生薬「芍薬(シャクヤク)」の原料だと知りました。#シャクヤク pic.twitter.com/mFYx0nhkN8

Twitter加賀ゆびぬき〜能登の染め色物語〜@itohana_noto

返信 リツイート6 昨日 18:24

ラウオルフィア:キョウチクトウ科 印度蛇木 薬用部位:根 薬効:鎮静・解熱 基原:Rauwolfia serpentina Benthan インドでは印度蛇木の根(ラウオルフィア)を民間薬としてヘビの咬傷、精神病などに使ってきたの。一方、伝統的な漢方処方にはまず使われないわ。

Twitterテレーゼさんの薬学講座@thereze_ykgk

返信 リツイート 昨日 18:14

ブシ:附子 薬用部位:塊根 薬効:鎮痛、共振作用 基原:Aconitum carmichaeli Debeaux 他 トリカブトのことよ。矢毒として使われたほど強い毒性を持っているわ。「東海道四谷怪談」でお岩さんが飲まされた毒が附子って説も。漢方では「冷えに伴う痛み」に使うわね。

Twitterテレーゼさんの薬学講座@thereze_ykgk

返信 リツイート 昨日 17:14

EDに役立つ漢方薬 オタネニンジン(高麗人蔘、朝鮮人参) ウコギ科の多年草。主要な薬用部位は根で有用成分はジンセノサイドとよばれるサポニン群で、糖尿病、動脈硬化、滋養強壮に効能があり、古くから服用されてきた。

豆知識を教えてあげる。朝顔は元々薬用として日本にやってきたんだよ。今も漢方薬につかわれてるんだって。

Twitterあさがお妖精bot@asagao_f

返信 リツイート 昨日 10:32